取引先にも影響を轟かす事ができる東京のバーチャルオフィス

Virtual Office

月額数千円で利用できるバーチャルオフィス

打ち合わせ

フリーランスとして独立したいけど、貸事務所を契約すると費用が掛かる、また、費用を抑えるために自宅で開業したいけど、住所や電話番号を公開するのに抵抗を感じる方にはバーチャルオフィスがお勧めです。最近、よくメディアでも見聞きしますが、バーチャルオフィスは貸事務所とは違い、住所や電話番号だけを契約して活動する事ができます。
貸事務所を契約すると敷金や保証金、机や椅子など、揃える費用が必要ですし、都心の貸事務所になると高額になります。このような費用を抑えられるのもバーチャルオフィスを契約する魅力です。
住所や電話番号を登録できるのでバーチャルオフィスに届いた郵便物や電話は契約した自宅に転送されます。郵便物や電話の転送の他、電話秘書代行や会議室の利用など、オプションサービスを選ぶ事も出来ます。サービス内容はバーチャルオフィスを運営している会社によって異なるので、どのようなサービスがあるのか、調べてから申込むのがお勧めです。
住所や電話番号だけなら月額1万円以下で利用できます。電話秘書代行サービスを追加しても数万円で利用できるので費用を抑えて活動できます。これから起業したい、フリーランスとして独立するならバーチャルオフィスの利用を検討してみるといいでしょう。